解決!キャリアクリニック ~あなたの悩みにお答えします~

今の仕事や働き方を続けてもいいの?結婚・出産しても働き続けるためのコツは?
キャリアの悩みに、カウンセラーがお答えします。

異業種で英語を使った仕事がしたい!
面接での効果的なアピール方法は?



【相談者】 浅井 祐子さん (仮名・27歳・求職中)


 「大学卒業後、飲食業を経て電気関係の専門商社の子会社へ派遣社員として転

 職。これまで4年間、英文事務の仕事をしてきました。1年前には、正社員登用

 の話もいただきました。しかし、電気関係のジャンルにそこまで興味が持て

 ず、上司や経営者の考え方に共感できないところも多かったため、今年4

 に退職し、転職活動中です。

現在は、食材や身近な電気製品、雑貨、繊維製品などの輸出入業務に関係する事務系職種に応募しています。前職で、海外の取引先企業と商習慣や法規制の違いがある中、コミュニケーションを取りつつプロジェクトを進めることにやりがいを感じていたからです。でも、今は一次面接で落ちることが多いです。受けている職種や、業種に問題があるのでしょうか? 面接での効果的なアピール方法はありますか?」 

続きを見る

海外営業の仕事がしたい!
今の会社は辞めた方がいい?

【相談者】 飯野百合さん (仮名・25歳・商社・営業事務)

 

「新卒で医療機器関係の商社に入社して2年目です。学生時代から英語を使った仕事がしたくて、医療機器を輸入販売する現在の会社に入社しました。


 入社面接では、"海外営業の仕事がしたい"と伝え、人事部もそれを了承してくれていたのに、入社してみたら、女性の営業職はゼロ。結局、他の女性の先輩と同様に、男性の海外営業職をサポートする事務を任されています。


 思い余って人事部に訴えたところ、『1年以内に欠員が出たら、海外営業の仕事に転換させる』との答え。でも、欠員が出るかどうかは未知数。会社の社風がすぐに変わるとも思えず、辞めようかどうか迷っています。ただ、今度、初めて海外出張へ同行することになりました。上司が私の気持ちに配慮してくれたようで、その点は嬉しいのですが...」



続きを見る
1
キャリアコンサルティングのプロによる徹底したアドバイス!お問い合わせはメールでのみ受け付けています。 お問い合わせメールフォームはこちらから
国際キャリアコンサルティング協会
ページトップへ戻る