新入社員入社して3ヶ月も経っていない。

だけど、仕事が合わない。
仕事ができない。
社風が合わない。
聞いていた仕事と違う。
職場の人間関係がどうもうまくいかない。

そんな理由から、「会社を辞めたい」という思いが頭から離れられなくなってしまったら、ここで「3ヶ月で会社を辞めるメリット・デメリット」を冷静に考えてみませんか。

辞めるにしても続けるにしても、その決断で後悔しないために、3ヶ月で辞めるメリットとデメリットをぜひ知っておいてください。

メリット1:自分の気持ちに正直に生きられる

0805

今仕事を辞めるメリットは、何といっても自分の気持ちに正直に生きられることです。

「辞めたい、もう無理」
「もっと他の仕事をチャレンジしたい」

そんな思いを抱えたままでは、今の職場や仕事に対してもなかなか前向きになれないでしょう。

もちろん世間体はよくありませんし、転職活動も少なくとも新卒時の就職活動よりは厳しくなります。それでも、「自分の気持ちに嘘なく生きる」ことは実現できます。

自分の心の声に正直になることで、もう一度前向きになることができ、生きるパワーが生まれるなら、それは世間体よりも大切にしたほうがいいでしょう。

メリット2:合わない仕事や職場で働くストレスから逃れられる

3ヶ月も経たないうちに辞めたいと思ってしまう場合、その仕事や職場、あるいは上司は今、相当あなたに合わないものだと思います。

そして、それを相談できる人もいなく、自分でもどうしたらいいかわからないのかもしれません。きっと心にも体にも、相当なストレスになっているはずです。

今仕事を辞めれば、そのストレスから解放されます。我慢をすることも大切ですが、我慢をし過ぎてしまったために、うつ病になってしまい、その後の人生が狂ってしまった…という人は少なくありません。

我慢をすることも大切ですが、我慢をし過ぎないこともまた大切です。自分の心と体を守るために、時にはストレスから逃れる早い決断が必要なこともあります。

デメリット1:3ヶ月で辞めた人への風当たりは強い

もちろん、3ヶ月で辞めるデメリットはあります。

「新卒で入社した会社を3ヶ月で辞める」ことを、「そういうこともあるよね」「大変だったね」と寛大に受け入れてくれるほど、世間は甘くありません。

一般的に、新卒入社して3ヶ月で仕事を辞めたあなたに対しては

・社会人としての仕事に対する責任感がない人
・我慢ができない人
・協調性のない人
・人生に対する考えが甘い人
・後先のことを考えたり、物事を深く考えたりする力がない人
・ストレス耐性の極めて低い人
・採用してもまたすぐに辞めてしまう可能性が高い人

という第一印象を持つ人がほとんどです。

まずはこの厳しい現実を知っておきましょう。そしてこれは、次の仕事先を探す転職活動に大いに影響します。

この第一印象が挽回できないわけではありませんが、転職活動はマイナスイメージからのスタートになると心得ておきましょう。

デメリット2:辞めても大手企業や有名企業に採用されるのは難しい

また、仕事を辞めて人生のやり直しを図るとしても、新卒採用でも中途採用でも応募者が集まるような大手企業や有名企業に採用されるのは極めて難しいといえます。

前述のように、新卒入社して3ヶ月で仕事を辞めた人に対して企業は、一般的に厳しい第一印象を持ちます。さらに社会人経験はほとんどありませんので、新卒の学生と同じ枠で採用を検討されることになります。

学生と同じなら、入社して3ヶ月で辞めた人よりも学生を採用したいと思うのが企業です。そのため、よほど特筆すべき能力や経験がない限り、他の応募者と比較した時に書類選考の時点で落とされてしまいます。

「1社目で失敗したから、今度は安定した企業を」と応募者が集まるような人気企業を狙ってもそれはまず叶いません。

もちろん、大手企業や有名企業だけが優良企業ではありません。ベンチャー企業や中小企業にも多くの優良企業があります。転職活動ではそうした企業を視野に入れて、活動するのがよいでしょう。

デメリット3:「会社も自分も、辞めるなら早い方がいい」とは限らない

入社してすぐに退職してしまう人は、よく「辞めるなら、会社も自分も早いほうがいい」といいます。

しかし実際はそうとも限りません。

企業はあなたを採用するために、多くの採用費を費やしています。その他にも職場のデスクや備品などの投資もしています。早く辞められてしまったら、それがすべて無駄になってしまいます。

また、あなたにとっても早く辞めるのが必ずしもいいとはかぎりません。

転職アドバイスをしていると、最初に新卒で入社した会社を1年未満で辞めてしまったために、その後になかなかよい企業に採用されず、転職の度に条件や待遇、働く環境が悪くなってしまう「負のスパイラル」に陥っている人をよく見かけます。

短期間で会社を辞めることは、あなたが今思っている以上に負の影響が大きいです。

デメリット2でも述べたように、短期間で会社を辞めてしまった人に対する世間の目は、非常に残念ながら決して優しくありません。

「早く辞めない方がよかった」ということも、往々にしてあるのです。

辞めるのもよし、辞めないのもよし

ストレスの元となる嫌な仕事や職場を辞めたい、そんな気持ちで毎日がどんよりと重苦しいものになってしまっているかもしれません。

辞めればそんな生活から解放されて、楽になるのではないかと思うでしょう。

もちろんそれはありますが、仕事を短期間で辞めることにはそれなりのデメリットが伴います。ただし、デメリットを知っておけば少なくとも、「こんなはずではなかった」と思うことはなく、厳しい状況も「想定の範囲内」で対処していくことができます。

また、短期間で辞めるデメリットが大きいからといって、いつまでもこの職場で我慢しなければいけないというわけでもありません。勤務期間が1年以上(少なくとも10ヶ月以上)あり、あなたが「入社2年目」になれば、この状況は一転します。

辞めるのか、もう少し続けてみるのか。
メリットとデメリットをきちんと知って、冷静に見極めてくださいね。

※2年目になれば、その「辞めたい」が人生を好転させるチャンスになる可能性のほうが高くなります。

→2年目で「仕事を辞めたい」と思ったら知っておきたい3つの事実