大学を卒業して、社会人になってから約10年。

企業の最前線で即戦力となる30代ともなると、今までに転職したことがあってもなくても「このまま今の仕事(会社)でいいのかな。」とキャリアチェンジが頭をよぎることは、誰にでもあるでしょう。

もし30代でキャリアチェンジしたくなったら、社内で異動を希望するのが第一ですが、人事異動もそう簡単に叶うものではないのが現実です。

それでも、「転職してでも叶えたい」とキャリアチェンジへの思いが強くなってしまったら、次の4つの項目に全て「YES」と答えられるようになってからにしましょう。

1:本当にその「仕事」がやりたいか

本当にその仕事

「これをやってみたい。」と今、考えているその仕事。

それは、本当に心からやりたいと思い、この先ずっと自分の仕事にしていきたいと思えるものでしょうか。

特に今まで1度も転職したことがなく、社内でもほぼ同じような部署で仕事をしているという人ほど、「何となく違う仕事もしてみたい。」「何となく、違う会社も見てみたい。」という理由からキャリアチェンジを考えてしまいます。

そんな場合、キャリアチェンジしたい本当の理由は、「マンネリを感じる現状からの脱出」であり、「やりたいことの実現」ではないこともよくあります。

本当にやりたい仕事があってのキャリアチェンジなのか、それとも何らかの理由があって現状がイヤなだけなのか、自分の心に問いかけてみましょう。

キャリアチェンジしたいと思った本当の理由が「現状がイヤ」であれば、その思いの解決策は転職してキャリアチェンジすることではないかもしれません。

2:企業に「新たな価値」を提供できるか

企業が30代を中途採用する時は、即戦力を求めます。今までの経験を活かして、どれだけ自社に貢献してくれるのか、それを期待して採用するのです。

30代でキャリアチェンジして新たな職種へ転職するとなれば、その企業の期待に未経験なりに応えていける「何か」を準備する必要があります。

それが、今まで異なった業務・業界での経験があるからこそできる、新たなビジネスチャンスや新規事業の提案や、業務効率を上げるための提案、組織をよくするための提案などの「提案力」です。

30代がキャリアチェンジで転職したいと思ったら、「熱意」や「真剣さ」を相手にわかりやすく伝えるために必要なのが、具体的な「提案力」です。「一生懸命頑張ります」とどんなに表現しても、その熱意は伝わりません。

応募する職種で業務経験を持つ他の応募者よりも、キャリアチェンジで応募した自分を選んでもらうために、「今までの経験を生かして、応募企業にどんな新たな価値を提供できるか」という視点で志望動機を語れるでしょうか。

もし今までその視点で考えたことがなかったら、ぜひ一度考えてみましょう。

3:年収、社格、勤務条件・・・すべて下がってもやりたい仕事か

30代で転職してキャリアチェンジを実現したいと思ったら、年収、社格、勤務条件などすべてが今よりも下がってもいいと言い切れるくらいの覚悟も必要です。

実際に、30代の今の給与は今までの経験や実績に対して支払われているものです。キャリアチェンジしたら、その実績や経験がゼロにリセットされますから、現在と同様の年収を希望するのはそもそも無理があります。

また、現実的に30代でキャリアチェンジしたい応募者の採用を検討してくれるのは、中小企業かベンチャー企業になります。大手企業では、中途採用をすれば経験のある応募者が集まるので、リスクを冒してまで未経験者を採用する必要がないからです。

「今自分は大手企業に勤めているし、どこか安定した大手企業へ転職できないだろうか。」と思ってしまう方もいますが、経験を生かした転職ならまだしも、キャリアチェンジをする場合、その可能性は極めてゼロに近いでしょう。

「今のままでは嫌だし、キャリアチェンジしたいけれど、年収や社格、勤務条件は下げたくない。」では、転職でキャリアチェンジを叶えることはできません。今の社内で現状を打破する方法を考えたほうが、得策といえるでしょう。

4:年下の経験者の話を素直に聞くことができるか

最後に、転職してキャリアチェンジが実現した時のことをイメージしてください。

その職種ではあなたは初心者同然です。職場にはおそらくあなたよりも年下の経験者がいて、仕事を教えてもらう必要があります。その時に年下の経験者の話を、素直に聞くことができるでしょうか。

今までとは全く異なる業務やその業界・職種ならではの暗黙のルールなどを、謙虚に周囲に確認しながら、覚えていくことができるでしょうか。

面接では確かに、「今まで異なった業務・業界での経験があるからこそできること」を提案する「攻めの姿勢」が求められます。しかしいざ入社し、職場に配属となれば、周囲に仕事を教えてもらう「謙虚な姿勢」が必要となります。

今までの業務でどんな実績があったとしても、それは全く関係なくゼロからのスタートです。「今から20代の若手に教えてもらうのはちょっとなぁ…。」と少しでも躊躇する気持ちがあるようでは、仮に転職が成功してもその後にその仕事で実績をあげ、成功することは難しいかもしれません。

「キャリアチェンジしたい」と思った「本当の理由」を見極めよう

「キャリアチェンジしてこの仕事を本気でやりたい」と考えているならば、ここで紹介した4つの項目は、当たり前のこととして「YES」と答えられると思います。

1つでも「YES」と答えられなかった項目があれば、あなたがキャリアチェンジしたいと思っている本当の理由は「やりたい仕事がある」ではなく、「マンネリから脱出したい。」「今の仕事は激務すぎて、長く働けないから違う仕事がしたい。」等、「今から逃げたい」という類のものかもしれません。

その場合、その現状の不満や悩みを解決する方法は「転職してキャリアチェンジする」以外にもあります。そして「転職してキャリアチェンジする」よりも、他の解決法を試すほうがはるかに簡単です。

それでも、「転職して現状をリセットしたい」と思えるほど、キャリアチェンジへの思いが強くなったら、その時には、この4つの項目に全て「YES」と答えられるくらいの覚悟と準備をしてください。その覚悟と準備ができたら、キャリアチェンジして成功する可能性も高まるでしょう。